プロフィール

ズレフト

Author:ズレフト
フシアナアイでロッテを見つめる酔っ払いです。山と酒とロッテとそのほかだけのtwitterはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2015/11/7 瑞牆山

「みずがきやま」と読みます。見た目も眺めも良く、ゆくゆくはと思っていましたがここまで延び延びになっていました。

ビールを飲むために山に入る私のような者にとって、移動手段は電車とバスしかあり得ません。ですのでアクセスによっては日帰りが難しくて足が遠のく山というのもありまして、瑞牆山もそんな感じでした。韮崎駅からの始発のバスを使っても登り始めが朝10時過ぎとかなので、まあ一泊してしまえばいいのですが、なんとなく踏ん切りがつかずにいました。それがたまたま車に乗せてくれる方がいましたので今回はありがたく同乗させてもらうことに。

土曜日朝、
e86_20151108_hareta.jpg
駐車場は晴れていました。途中の富士見平小屋
e86_20151108_koya.jpg
までは金峰山に泊まる際に通ったことがあります。小屋からはしばらくは普通の山道で、急に高度を下げて涸れ沢を渡った先に
e86_20151108_momotaro.jpg
桃太郎岩なる巨岩があります。写真でどこまで伝わってるかわかりませんが、桃太郎どんだけでかいんだよというのが率直な印象です。
そしてここを越えた辺りから本格的な登りになります。傾斜が急なのはいいのですが、なんか岩ばっかりで、手をついてよいしょと登るような箇所かやたらとあったり、
e86_20151108_kusari.jpg
鎖とか張ってあったり。しんどかったので写真をあまり撮れていません。ひいひい言いながら山頂に着いた頃には
e86_20151108_sanchou.jpg
昼頃からガスという予報の通りでした。ただ、ラーメンを食べ終わる頃には
e86_20151108_kayagatake.jpg
e86_20151108_ogawayama.jpg
若干ですが見えるものも見えて、まあもう一度登る口実ができたかなと。

ちなみにこの山、最短距離を往復してるだけですと
e86_20151108_jurin1.jpg
e86_20151108_jurin2.jpg
樹林越しにしか山容を望めないのですが、富士見平小屋下の林道から一望できるポイントがあるようなので次の機会には是非探してみたいと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://eka86.blog51.fc2.com/tb.php/1172-31532017

FC2Ad

相続 会社設立