プロフィール

ズレフト

Author:ズレフト
フシアナアイでロッテを見つめる酔っ払いです。山と酒とロッテとそのほかだけのtwitterはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

MONTHLY

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

山に行っていた話 前編

今週はさぼりましたがそれまでは四週連続で山に行っていた話です。

7月10日 大菩薩

毎年7月末くらいに、アルプスとかちょっと高い山に行くことにしています。去年は腰をやってしまって断念したのですが、その前は北岳、さらにその前は鳳凰三山に行ってます。で、今年は甲斐駒にしようということになりました。もっとも今年は今までと違い会社の知人と一緒で車で行けて宿とかで寂しくなくてヒャッホー!です。一人は一人で楽しいんですけどね。
さて高い山に行くからにはそれなりの備えが要ります。普通の意味での備え、装備とか道具とかは今あるもので対応できるのですがとにかく足腰をちゃんと鍛えておかないと話になりません。しかし現実は5月に一度登った後にきつい風邪を引いてしまい、あからさまに体力が落ちています。しかも季節は梅雨明け前とは言え7月、暑いし虫とかヒルとかいそうだし、いつもの丹沢とかはちょっと遠慮したいところです。となると選択肢はほぼ大菩薩に限られます。横浜からはちょっと時間がかかるしふつうに虫はいますが、一応2000mありまして真夏でも何とか登れます。予約とか必要なしに真夏でも日帰り可能な山ってそうそう他にないんですよね。
そして大菩薩に登るという場合、裂石という所の大菩薩峠登山口バス停から四時間がっつり登るルートか、上日川峠からさくっと登るお手軽ルートが選べますが、今回はへたれてお手軽ルートです。その代わり、下りに上日川峠から裂石の登山口まで1時間半くらい余計に下ることにしました。登りもですが下りについても事前にちゃんと鍛えておいた方がいいかなと、まあへたれた言い訳ですが。

そして一人で登ってみた結果がこんな感じです。
e86_20160806_daibostsu1.jpg
富士山から南アルプスまでの絶景が売りの山なんですがご覧の有様です。けどまあ今になって思うと7月はこの時が一番マシだったと思いまして、このエントリはそういう内容です。いつもは基本土曜日に登るんですが、この時は天気の関係で日曜日にずらして、それでこうなんですからまあ、はい。
なお景色以外はおおむね想定通りの成果が出まして、ちゃんと下れて大菩薩の湯まで歩いていい気持ちになって特急に乗って帰ってきました。帰りに塩山から特急に乗れるのは裂石に下る大きな利点です。

7月17日 金峰山

趣旨としては先週と同じなんですが、今回はちゃんと登りたい。と思っていたら、会社の知人が今回は同行する上に車を出してくれるということで、電車バスではなかなか行く気にならない廻り目平からの金峰山に登ることにしました。金峰山というと大弛峠からか瑞牆山荘前から登られることが多いようですが、廻り目平からも登れてなんとか日帰りも可能なんですよね。
しかしこの廻り目平というのが電車・バスではきわめてアクセスが悪く、東京辺りからだと最寄り駅からの最も早いバスの出発時刻が10時45分、そして30分くらい揺られたバスの終点から廻り目平まで徒歩さらに1時間、どうしたって登山口に午前中には着きません。さすがに現実的ではないのでタクシーに乗ると8000円とか、いやいやちょっと無理です。しかしそれだけに、車で行ける機会は逃したくないものです。なんかクライミングで有名なところだし、自分がやるわけではないのですが一度くらいは見ておきたいかな、と。

地図上では廻り目平からのルートはざっくりで登り3時間、標高差1000mくらいとなっています。しかし最初の1時間くらいはひたすら
e86_20160806_kinpousan_sawa.jpg
きれいな沢沿いの林道をゆるゆると登ります。ゆるゆるなのはいいのですが、なかなか上がらない標高に、この後の道がどんな傾斜になっているのかを考えるとちょっと怖いです。いやな予感はすぐに的中し、樹林帯の中のきつい登りにひいひい言わされます。ただ道はしっかりしていました。
小屋を過ぎると森林限界を超えるのですが、この日は
e86_20160806_kinpou_shiroiryousen.jpg
こんな眺めだし服の上から腕をアブに刺されたりでまるでテンションが上がりません。山頂
e86_20160806_gojouiwa.jpg
に着いた頃にはコースタイムを大幅に超過していました。まあ先週ぬるいコースにした報いなんですけどね。
そして下り。往復なので通る道についてはあらかたわかってしまっているのですが、想像以上にきつかったのは最後のゆるゆる林道でした。正直涙目です。この山に限らないのですが単調な林道をひたすら下るのってほんと苦行ですよね。登りはそうでもないのに。
ただ廻り目平は(クライミングはよくわからないのですが)少なくともふつうにキャンプしに来るには楽しそうでした。星の観測地としても有名みたいなのでそちらでもまた来てみたいです。最後に寄った入浴施設の入浴料が300円というのはすごいですね。


続きます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://eka86.blog51.fc2.com/tb.php/1188-26150614

FC2Ad

相続 会社設立